謹製。

f0343535_08133283.jpg


ミー子「髪の毛、切りたいねん。
伊野尾くんみたいな髪型にしたいねん。」

ワタシ「もう、なってんで。
十分、伊野尾くんやで。」

ミー子、ハッとしてました。笑

っていうか、
その長さを切って伊野尾くんになることはないで。

伊野尾くん側からミー子に寄せてもらうしかないなぁ。
(勿論、知り合いじゃないけど。爆)



ミー子「横の髪がうっとおしいねん。
パパも切りに行くっていうし、
伊野尾くんにしてもらいたい。」

そこ切ったらもっと伊野尾くんじゃなくなるで。爆



めざましテレビが唯一の娯楽、
(ごめん、TV見てる時間、ないね。)
木曜日は伊野尾くん♡のミー子。

うーむ、伊野尾くんかぁ。

ワタシは短髪が好きなんだけどなぁ。







そんな(?)昨晩は、
餃子でしたっ。



T氏、
かくかくしかじか、
元気なかったんで。

(荒んでたんで。爆)



あんまりいらんて言いながら、
結局、
この黒皿のぶんと、
追加で焼いたいくつかもつまんでて。

結局いつも通りやん。

よかった。ほっ。





一方ミー子、
自分で包んだものを中心に、
まず4個、
途中T氏に1個もらって、
追加で4個!

足し算さしたら、
10って言うねんけど。
まぁ、
ほぼ10やわ。諦



って、
ワタシより食べてるけど、
大丈夫!?

自分で作ったら、
すこぶる箸が進むそう♩





そして多めに作った餃子は冷凍に。

ワタシ「次のフライデー(!)に揚げ餃子がいいかなぁ。」

そんな話ししてたら、
ポン「たいやきっ!ママしてた、たいやきっ!」
って言うから何かと思ったら・・・

春巻きのことだったそうな!

了解です。笑





そんなポンちゃん、
ワタシ「かーさん、お肩をたたきましょー♩」
と肩たたきしてくれアピールしたら・・・

ポン「大きなくりのー、木の下でぇ♩」
とかわされました。笑

すごいドヤ顔で。



たい焼きといい。
大きな栗の木の下でといい。

音が似てるねんな。驚







今夜は冷蔵庫が充実してるので、
あれこれ並べます。

あとは実家から嬉しいギフトがあったので、
それも早く食べたい。

ご飯の話って、平和やなぁ。





今日も忙しかったから、
無事に帰路につけて、幸せです。
[PR]
by ayumidori55 | 2017-06-05 18:40 | ○おうちごはん | Comments(0)