保育参加の目的。

f0343535_18551838.jpg


キッチンのホーローカップで、
風呂上がりに水分補給。



髪の毛もスッキリ。



実は、
園で坊主大流行!

T氏「ポンは最先端だね!みんな真似っこやな!」



頭のカタチ、よく褒められます。

ワタクシ的には難産でしたが。
(へその緒巻きつきぃーの、5.0h。)



***



ちょっと前に書いた、
先週の保育参加(ミー子(年長組))の件の続きです。

(いやー、もぅ、10日前のことなので、
急がなくっちゃっ!爆)





集会・工作の時間やその間に、
それはもういろいろ、
あちこちで、
すったもんだがあったのですが。



給食前にはリトミックがありまして。

講師の先生の待つ別教室へ並んで移動。
(並んでる途中に揉めて拗ねた男児を後から連れて行く役に。爆)



ここに行くと、
みんなスイッチが入るというか。
(拗ねた男児ももっちろん!)

講師の先生が怒るわけではないのですが、
みんなピシッとするし、
やり直しと言われたらやり直すし、
無駄口もおふざけもなし。



講師の先生のピアノの弾き方とか、
声の出し方がちょっと好かんのですが。
(リズムのみに特化していて、
音階よりもとにかく元気の良さ重視。)

音楽の先生なのに、少々威圧的(!)であり、
一目置かれていて。
それはそれですごい。

教えることに長けているし、
自信があることってすごいと思います。

(ミー子に後で聞いたら、
怒らない代わりに、
その演目はストップになり、
(ボールの演目なら、「ボールかたづけなさーい!」)
次にいくそうです。
怒ってしまうと、リトミックの時間、無駄になっちゃうしね。)





その後は、
お部屋に戻って給食。

お友達ママと担任の先生と一緒に、
飯場のおばちゃん(!)バリに盛り付け高速球。

メニューは特製ソースのお好み焼きとお吸い物、
食べ終わった子から、ピンクグレープフルーツが一切れ。
(ミー子は卵除アレルギーで、
特製ソースがマヨ抜き、別配膳でした。
担任の先生も慣れた手つきでしてくれてました。)



ここでやっとミー子の隣に座れまして。
お話ししながらも、もぐもぐ。

同じテーブルに、遅い子ひとり。

ワタシも給食食べるのとても苦手だったので、
気持ちわかるー
と、声かけながら、
ときには口に入れてあげながら、
食べ進めました。

お友達ママの話では、
小学校では給食は自由に減らしたり残したりできるそうで、
今の時代はそうなんかなぁ。



食後配られたワタシのグレープフルーツは結構立派なサイズで、
綺麗に剥いてたら、
「がぶってせーへんの!?」
と同じテーブルの子に言われ、
「ほな、お口開けてみ。
みんなには難しいかもしれんけど、
この方がおいしいで。」
とお口に分けてさしあげました。笑

さながら、母鳥。笑





給食片付けたら、
半日の保育参加も終了。

お友達ママと色々感想を話しながら、
園を後にしました。







表向きは、
『我が子の普段の園生活を知る』
プラスα(クラスの様子を知る)
という保育参加ですが。



残念ですが、
先生方の負担軽減でもあります。

(その期間中に順番で先生方はお休みだそうで、
そうなると担任の先生のうち1人がずっと別のクラスにいたわけで。

実際、園長先生は、
最初の保護者説明会の時に、
『保育士の負担軽減に取り組む』
って話を散々していて、
(周辺の園より、指定休園日が多い。)
まぁ、このご時世、それもあるかなぁと。

いや、お金払って通わせてるってハナシだけれども。)



保育参加って名前でもあるし、
先生の真似事するのも悪くないし、
最初っからその日は保育士の手伝いをたっくさんしてください!
って言われた方がいいんやけどなぁ。

おちおちしてるだけじゃ、
先生方は毎日こんなに大変やねんでって見せつけられるだけな気がして、
心苦しいです。

だから、
ほんのお手伝いの気持ちで行くと大間違い。

そこんとこ中途半端にされると、
自分の子供の近くで見守ってくださいの域を超えなくて、
なんもしないママたちもいるんだろうし。

だからワタシとしては、
ミー子ののそばにいるだけの保育参加じゃなかったってだけで、
大成功(?)大貢献(?)だったということで。

秋にはポンのクラスの保育参加もあるので、
楽しみにしようと思います♩





それから子供達のあれこれや、
気になるクラスの雰囲気。

これはもうほんまにどうにかしなきゃだろうし、
他の先生に聞いても、
「毎年、年長組さんは多感な時期で手を焼くけど、
今年は幼さがひどい!
って言うし。

ミー子の素業(!)含め、
思ったこと言った方がいいかなぁと、
面談に向けて箇条書き準備中です・・・





あぁ、
やっと書き終わった!?爆

まぁ、
ウチの園の話なのでなんの参考にもならんと思いますが。苦



一歩踏み込んで真意を伝える

受け取る側もその理由をしっかり考える




そういう話です。
シゴトん時と全く一緒。





さぁ、
小鬼ぃずのお昼寝に便乗です☺︎



今夜はから揚げっ。
[PR]
by ayumidori55 | 2017-07-23 15:00 | ◯保育園の行事 | Comments(0)